動物がかくれてるぞ~

今日は、朝雨でしたがいい天気になってよかったです(*´∀`*)
うさぎ? キリン?かな。

ホタルの時期、まもなく到来! 2018年 蛍バスツアーは6月中旬スタート!

日本の原風景「ホタル」
とまで言うと大げさかもしれませんが、毎年6月のホタルの時期をわたしはとても楽しみにしています。

海舟の蛍バスツアーは、夜8時スタート。
普段は夕日ヶ浦の地元の方もあまり足を運ばない山奥へとお連れいたします。

ホタル鑑賞ツアー

蛍鑑賞ツアー


道路の両脇に木々が覆いかぶさるような真っ暗な山の中、
聴こえてくるのは清らかな水の流れる音だけ……。

力いっぱい光を放って飛び交う蛍に目を奪われて、

「わぁ~」

口を開けて感嘆の声を上げてしまいます。

京都府のホタルの時期は、早いところでは5月下旬から。
ここ夕日ヶ浦では、6月の10日位から例年見ることができます。
昨年は少し遅くて、6/16からホタルツアーを始めました。

蛍が地上に出てきてからの寿命は、約2週間と言われており
その内、光っていられるのは約1週間だそうです。

みなさんご存知のように、ホタルが光るのは「求愛行動」なんですね。
だからこそ、短い期間に一生懸命、輝いているんです。

強い光を点滅して飛んでいるのはオスのホタル。
メスのホタルは、葉っぱなどの上で薄ぼんやり光っています。

オスはその光で、自分の存在をアピール!
伴侶となる相手を探し求めて夜空を飛び回ります。

メスは、好みのオスを見つけるとオスの光の点滅にシンクロするように自らもお尻を点滅し始めます。
これでひと組のカップルが誕生するそうです。

しかしながら、オスに比べてメスの数は圧倒的に少なくて
男の熾烈な戦いが繰り広げられているそうですよ。

ホタルの光り方の変化に気を止めながら眺めていると、
恋愛ドラマの1ページが思い浮かんでくるかもしれませんね。

ホタルが活動的に飛び交う時間は夜8時頃。
そこでホタル鑑賞バスも海舟を8時に出発しています。
往復約1時間のバスツアーを楽しんでくださいね。

ホタルは風が弱くて雨あがりの湿度が高い日、蒸し暑い日により活発に活動をします。
こんな日にホタルに出会えたならば、幻想的な光に包まれる感覚になれるかもしれません。

蛍イラスト

蛍イラスト


ホタル鑑賞バスツアーについて詳しくは、
海舟 0772-74-0825 まで。

6月は当館も比較的ゆっくりしていますので、
天気予報をご確認の上、当日予約でも十分ご宿泊のご用意ができると思います。

「ビーチブランコ ゆらり」がインスタ映えすると大人気! 夕日ヶ浦ビーチ(京都府京丹後市)

2018/04/23 日本テレビ「有吉ゼミ インスタの旅」
夕日ヶ浦ビーチの「ビーチブランコ ゆらり」が放送されました。

「ビーチブランコ ゆらり」の2年目がスタートしました。
2017年 春 夕日ヶ浦ビーチに登場したビーチブランコ。
冬の間は大切に収納されていましたが、
今年3月22日に再び設営されました。

夕日が水平線に沈むことで有名な夕日ヶ浦ビーチですが、
ビーチブランコのおかげで、
インスタ映えする風景としてだんだん人気が上がっています。

先日は、ビーチブランコを撮影するために東京から「石原良純さん、滝沢カレンさん」がロケに来てました。
「インスタの旅」というくらいですから、
素敵な夕日ヶ浦の映像をたくさん全国に届けてくださいね。


「ビーチブランコ ゆらり」を撮影するベストタイミングは、
やっぱり「夕日の沈む頃」ですかね。
4月なら、18:00を過ぎた頃から夕焼け空をバックにしたビーチブランコをインスタに納めることができると思います。

ただし、どうしても逆光になってしまうのでポートレートには不向きかも……。
午前中なら、表情豊かな二人のベストショットが撮れると思いますよ。

ビーチブランコだけを写真に納めると、なんだかちょっとさみしい感じもしますね。
流木でできたブランコだからでしょうか?
それでも、その傍らに人物が入ると様々にイメージを変化させます。
例えば、若いカップル、可愛らしいお子さん、ペットと一緒に、
ご結婚数十年の御夫婦、おじいちゃんとおばあちゃん、などなど……。

あなたは、どんな写真を撮ってみたいですか?

日の落ちた後の藍色空を背景にした「ビーチブランコ ゆらり」
これなんか是非、インスタに加えたい一枚ですよね。

土曜・日曜はさすがにたくさんの方で賑わっています。
インスタも順番待ちみたいですね。

写真撮影にオススメは、平日の夕方。
朝、晴れていたなら、ビーチブランコをインスタに納めにお出かけしてみませんか?


夕日ヶ浦ビーチは、ビーチブランコだけじゃないですよ。
白い砂浜、青い海と空。
真夏には、海水浴を楽しむ若者やご家族で大賑わいになります。
5月の暖かい日には、
夏を待ちきれないカップルが、波打ち際で遊ぶシーンも……。

最近流行りのSUP(スタンドアップパドル)も4月から体験することができます。
「夕日とSUP」
とっても素敵な絵になりますよね。

日本海といえば、荒々しい波のイメージですが、
初夏から夏にかけて波も穏やかで、まさにSUPに最適なマリンリゾートになるんですよ。

他にも、バンブーでできたビーチパラソルが夏までにお目見えします。
こんな写真をSNSにあげたら
「どこいってたの~?」とコメントが入ってきそうですよね。

砂浜沿いにある「夕日の路」を散歩しながら写真を撮るのもいいですよ。

春から夏にかけて、夕日ヶ浦はインスタ映えするポイントが盛り沢山!

当館の屋上展望デッキに上がれば、潮風も心地よく
昼も夕方も夜も美しい日本海の素顔に迫れるはず……^^

お泊りは是非、「夕日ヶ浦温泉 海舟」
  ↓
http://www.kaisyu.co.jp/

2018年 花郷OKADA チューリップが満開です^^

4/16(月)に休みを利用して「花郷OKADA」に行ってきました。

実は、わたし初めてなんです。
花郷OKADA

予想以上の広い敷地に
この日は、チューリップと芝桜が満開でとてもキレイでした!


お散歩するにも適度な距離があって、
いいお天気の日に、また出かけたいと思います。

今度は、バラが咲き誇る頃に……。

またご紹介できればいいなと思ってます。

2018年 「春の打ち上げ」は大宴会で飲みすぎ警報発令!?

宮津ロイヤルホテル 結婚式場 オブジェ

オブジェ


カニシーズンが終わると恒例の全従業員「大宴会」が行われます。
この春も約60名が参加して楽しい一夜を過ごさせていただきました。

海舟さんありがとう(^0^)/

4/10(火)に写真のオブジェが、結婚式場前に置いてある某ロイヤルホテルさんにお世話になりました。
(えっ、どこかわかっちゃいました!)

宮津ロイヤルホテル 宴会 案内看板

案内看板


宮津ロイヤルホテル 宴会風景1

宴会風景1


宮津ロイヤルホテル 宴会風景2

宴会風景2



で、宴会のスタート時は、
みなさんおとなしく、お膳に向かってお食事開始~。

飲み放題プランだったので、実はこのあとすごいことに……。

宮津ロイヤルホテル 宴会 お品書き

お品書き


で、どちらかというとお料理メインというよりは
飲み放題メインだったのね~~~

宮津ロイヤルホテル 宴会 前菜三種盛

前菜三種盛


宮津ロイヤルホテル 宴会 一人鍋

一人鍋


宮津ロイヤルホテル 宴会 肉料理

肉料理



で、空きっ腹に飲み放題だったもんで
お酒の飲める人は全員ちょ~酔っ払い!

抱きついたり、勝手にチークダンスを始めたり、
スタッフさんにかるーく説教始めたり
 ― 嫌ですね~こんな同業者 (^_^;) ―
オンステージを始める人や
四の字固めを極める人、極められる人……。

証拠画像もたくさんあるのですが、とてもご覧いただけません。
凄すぎて  ヽ(´Д`;)ノ

翌日から、館内の大掃除をしておりまして
いよいよ、明日14日より「春メニューの海舟」スタートです。

ハチャメチャに楽しいスタッフを見にお越し下さいね。

あっと、ちなみにわたし、
宴会スタートの一時間後位から記憶がありません(^_^;)

花郷OKADA 2018年の開園情報(京丹後市・夕日ヶ浦)

そろそろ桜の花も見頃を過ぎてしまいましたね。

今年の桜は、開花時期が少々早くて
丹後では、入学式を待たずに花を散らしてしまいそうです。

それでも、夕日ヶ浦には花々が咲き乱れる「花郷OKADA」があります。

花郷OKADA バラ

花郷OKADA バラのアーチ

2018年は4/11(水)からの開園予定。
チューリップ、ツツジ、バラ、藤、芝桜など
華やかな色をした花・花・花……。

春の陽光の中、花を愛でながらゆっくりお散歩するもよし、
わたしなら、ベンチに腰掛けじっくり読書なんてしてみたいですね~。


↑ 音声が出ます

さて、さて、
あなたの大好きな季節はいつですか?
わたしは春。
(日本人のおよそ6割の人が春が好きと答えるそうです)

「花郷OKADA」は、
大好きな春を満喫できる。
そんな場所ですよ^^

京丹後フォトコンテスト 2018年募集開始!

もうすっかり恒例となった「京丹後フォトコンテスト」の2018年募集がスタートしました。

今年のテーマは、「京丹後の食」

旅先での『おいしい』を思い出に!!
旬の京丹後の『食』を盛り込んだ写真を募集しています。

賞と賞品は、なかなか豪華ですよ~
賞品
●最優秀賞 1点
 5万円相当のブランド松葉ガニ

●優秀賞 10点
 ①丹後米特Aコシヒカリ
 ②丹後地酒
 ③海産物加工品
 上記の中からいずれか一つ

●特別賞  丹後地場産品セット
 京丹後の食賞 8点
 ファミリー賞 3点
 カップル賞  3点
 フェイスブックいいね賞 3点
     (計17点)

ちなみに、2017年最優秀作品はこちら ↓

2017年京丹後フォトコンテスト最優秀作品

2017年京丹後フォトコンテスト最優秀作品

今回は、テーマが「食」なので全く違う感じの写真が凌ぎを削るのかもしれませんね。

詳しい応募方法については、「京丹後観光協会」をご覧下さい。